飼うか飼われるか
黒&ブリンドル&レッドの大柄のボルゾイを中心にブリーディングをしています。うそんな我が家の7匹のわんこ@ボルゾイ&狼犬との日常@散歩のお話。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

きりきり

  • Author:きりきり
  • ブラッド・ダリア・ジャイ子・グラフ、アルフレッド・ラスキナ・ドレイク。7匹の犬達に振り回されて結構しあわせにお世話の毎日を送っています。


    ☆ボルゾイ/犬舎サイト☆(FaceBookページに飛びます)
    Second Heaven JP
    ※Second Heaven JPは、私のボルゾイ犬舎です。
    趣味の追及で好みのボルを作りたいと思っています。健全であることが第一。繁殖はスローぺースです。

    更新がなかなか出来ないのでFBページを主流にしようかと考えています。現在公開サイトになっています。
    興味がある人はこちらを見てください。

    ☆新着☆
    -------------
    ☆ボルゾイ出産情報☆

    将来的にもボル仔犬に興味がある人は、プラン妄想段階から(笑)こちらによろしくお願いします。

    お問い合わせはこちらまでよろしく(^^)
    お譲りするには多少の条件があります。

    ※常に犬世話に追われていますので、お返事が遅くなることも多々ありますが、気長によろしくお願いします。
    ボルゾイ 黒 ブラック ブリンドル ソリッド ボルゾイ 出産情報 ブリーダー 子犬 仔犬 販売
    忘れがちなので、ここにメモメモ!

    個体識別(笑)&みんなのBD!!


    BORZOI******************
    ●ダリア(B&ブリンドル アイリッシュマーキング):
    10/29 12歳/black&brindle
    ●ジャイ子(W&B):
    8/22 10歳/white&black
    ●グラフ(ブラック):
    8/19 10歳/dominant black
    ●アルフレッド(ブラック・ホワイトマーキング):
    2010/11/11 5歳
    ●ラスキナ(ソリッドブリンドル ブラックマスク):
    2010/5/13 6歳
    ●ドレイク:
    (レッドブリンドル&ホワイト):
    2013/3/8 3歳

    Memory★******************
    ○キリオン(ブリンドルボル):
    20030711-20081219/selfbrinble blackmask

    ○ラブリー(Mダックス):
    19990419-20120526/red

    ○まめたん(Mダックス):
    20030809~20150108/red

    ○ブラッド(狼犬):
    19990424~20150508

    *******************************

    戒め!!
    大型犬は10匹以下で絶対頭数キープ!
    今も常に散歩でいっぱいいっぱい~

    犬・猫の輸入の手配もいたします。お問い合わせください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 犬を繁殖するために必要なテスト@アメリカ
キナ2
キナ@コロラド

タイムリーなので、流れでちょっと書いておきます。

アメリカで、知人たちがボルゾイを交配する時にやる最低限のテストは以下です。

①DM(変性性脊髄症)遺伝子検査
②専門医による心臓検査(拡張性心筋症含む)
③目の検査(進行性網膜萎縮症含む)
④甲状腺機能障害の検査

この辺、アメリカはすごいなと思った所。
日本の方が、いろいろな面において細やかで芸が多いような気がするのだけど、犬に対しての意識は
どーーしても欧米より低いですよね~。やっぱり犬は外で番犬だったり、もともと犬をやってる人が犬屋という流れの上での現在の犬文化だからだろうか?(とはいえ、私もある意味犬屋だが!)
日本でも最低限このくらいは出来る病院か研究機関があって欲しいわ~。

①はヘルニアのような症状の出る進行性の遺伝病で(ググってね!)とても怖い病気です。
日本では大型犬には少なく、コーギーにこれが多いらしく岐阜大学だったかな?で研究してる方がコーギーのみ研究の為の検査をしてくれていたようです(現在は謎)。
以前ショー会場でこれを患ったらしいバーニーズの飼い主さんとも話した事があるので、
大型犬に少ないとはいえ、発症例はあるようです。
で!怖いのは実際にアメリカのボルゾイがこれの検査をすると、キャリアのボルゾイが割と普通に居る事です。
通常、キャリア同士の犬を掛けると当然キャリアか、または発症する子犬が出るので交配は避けます。
これに関しては、アメリカの血とつながりの多い日本の大型犬も実は水際なんじゃないのかと思っていますが・・・どうなんだろ?

②はボルゾイは絶対やったほうがいい心臓検査。
③は有名なPRAですね。ダックスやプードルで聞くけど、ボルゾイにもあるようです。
ちなみに、日本では12000円ほどでPRAに関しては検査してるところがあるようですが、アメリカでは2500円ほどです。良心的というより、一般的なのかな?獣医さん諸君、これらはまだ日本では隙間産業だと思うけど~?
④もやるんですね。確かにボルで聞いたことがある!

ちなみに、キナちゃんの両親は両方(ドイツ・アメリカ)ともすべての検査においてクリアですが、
せっかく向こうに行ったので、全てやってきます。

キナ、写真をもらいましたが、なんとなくしょぼくれた顔をしててちょっとへこみます・・・。
向こうのパパとママはすごーーく優しい人なんだけどな・・・早くもっと慣れてほしいものです。

キナ4
キナちゃんと、トルネード嬢。キナも割としっかりしたけど、トルネードちゃんすてき。
キリオンの父親のラインの子です。

ついでに、キナの母方のじーちゃん。ドイツで友人だったアネットのElberの息子です。
63_frontcoverl.jpg
かっこいいな~・・・・
あれだよね・・・ベースがドレイクのパパにも似てるからドレがうまくいけば
こんな風になるはず(←妄想)・・・だけど、今はただの細ちびです(高さは70センチくらいになりましたが、
細っこいので大器晩成を祈る!笑)。
スポンサーサイト

| 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2013/08/08(木) 11:02)

<<キナのアメリカ生活@1週間目 | ホーム | キナ、アメリカに行く>>

コメント
 
おつかれー。
手続きが大変なんだよ手続きが…。
うちもこないだ海外遠征でワーワーしたばっかだから身に染みるわ。
それこそタイムリーなんだけど、国内で繁殖の為の遺伝子検査やアイチェックができるとこがない!
どっかしらない?
アイチェックは国内に認定医師がおらず、公式な効力もたず。
遺伝子検査は好発犬種のみの検査でそれ以外の犬種はうけてません、だそうな。

繁殖の予定はないけど、ショーに出していくにあたって出来れば検査はしときたい。
拡張型心筋症や若年性白内障、角膜ジストロフィなどなど、アフガンにありえる項目をクリアにしたいのに、どこもだめだわ。

どっか良い情報あったら教えて下されm(__)m



URL | JJ #XJHSstkg | 2013/08/09(金) 01:44 [ 編集 ]

 
そっちもおつかれー。&CJ完成おめでとー!
今回は最初は夏休みの旅行も兼ねて、ヒート合わせで手荷物で行こうと思ってたから、出血始まってからバタバタだったよ!しかも、ジャイ子のニセヒートにひきづられた来たから予想外の日にちだったし・・・
使った航空会社はHP見ると携帯品で行けます的な感じだったんだけど、HPの情報は料金表もぜーーんぶ違ってて(普通に貨物料金だった)、参ったよ。
貨物で送るなら、最初の予定通り6月に送っておけばよかったわ。
6月までにこっちでCH完成して、6月から向こうでショーさせて8月ヒートで交配させれば完璧だったのに。。。。でも、まぁ、こんなもんか?笑

日本の遺伝子検査はぐぐったけど、もしかしてここが、好発犬種しかやってないの?
http://www.bioslab.co.jp/research/8/index.html
繁殖に使わないなら検査もいいかな~とも思うけど、自分のラインがどういう遺伝子リスクをもっているか?今後の犬を飼うためにも参考になっていいかもなとも思う。
アメリカに細胞送れば遺伝子検査はやってくれるんじゃないのかな?聞いてみようか?(細胞送る検疫はおそらく割と簡単)
心臓に関しては、細胞送ればいいってものじゃないから、検査できないけど、日本でも、いい評判の心臓外科の獣医に心エコー検査やってもらうといいかも。(カラードプラ心エコー持ってる病院がいいかもよ)ちなみに、ダリアは以前日大病院でやってもらったよー(^^)それから、拡張型心筋症だったら24時間ホルター検査が有効と言われてるよね。 これをやるか、心電図もある程度は有効みたい(拡張性は馬が疾走するような音が出るらしい)なので心配だったらポツポツ検査しててもいいかも?
URL | きりきり #- | 2013/08/09(金) 09:44 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://nevermore.blog5.fc2.com/tb.php/392-5bdf11cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 飼うか飼われるか all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。